基地局ニュース

ソフトバンク、28GHz帯の5G実験試験局免許を取得、実証実験を開始

2017年3月24日 13時51分更新

 ソフトバンクは、第5世代移動通信システム「5G」の導入に向け、5G向け候補周波数の一つである28GHz帯の実験試験局免許を取得。東京臨海副都心(台場地区)において、28GHz帯を使用した屋内外での実証実験を実施する。    ソフトバンクでは、これまでに、同じく5G向け候補周波数である4GHz帯、4.5GHz帯で実験試験局免許を取得し、2016年8月より5Gのフィールド実証実験を推進してきた。今回 …

続きを読む»

ドコモ「IoT/LPWA実証実験環境」を提供

2017年3月14日 11時17分更新

 NTTドコモは、LPWAネットワークを活用した新たなIoTサービスを法人ユーザーがトライアルで提供できる「ドコモIoT/LPWA実証実験環境」を構築し、法人向けに2017年4月から9月末まで提供する。4月以降、農業、インフラ、小売り、防災などの様々な業界や業種から、48の自治体・企業が実証実験環境を利用する予定となっている。    「ドコモIoT/LPWA実証実験環境」は、LPWAネットワーク・ …

続きを読む»

移動基地局車を迅速に展開、ドコモが郵便局で合同防災訓練を実施

2017年3月13日 10時02分更新

 NTTドコモは、日本郵政グループとNTTグループとの間で2015年9月に締結した「防災及び災害対処活動に関する相互協力に関する協定」に基づき、初めて郵便局を使用した合同防災訓練を実施した。    首都圏直下地震が発生したことを想定し、近隣の避難所の携帯電話サービスエリアの救済を目的に、代々木郵便局の構内に移動基地局車を出動させ、臨時の携帯電話基地局を開設する実働訓練を実施。あわせて、自治体指定避 …

続きを読む»

ドコモ、受信時最大682Mbpsの通信サービス提供へ、対応機種も発売

2017年3月7日 16時32分更新

 NTTドコモは、2つの新技術「256QAM」と「4×4MIMO」を導入し、受信時最大682Mbpsの通信サービスを3月9日から提供開始する。受信時最大682Mbpsの通信サービスを利用できるエリアは、サービス開始当初は、東京23区や名古屋市、大阪市など、東名阪エリアの35都市。東名阪以外のエリアについても、受信時最大632Mbpsの通信サービスを同日から40都市で提供開始する。

続きを読む»

IoT向け通信方式「Cat-M1」の早期展開へ、AT&T、KDDI、NTTドコモなど9社が合意

2017年2月28日 13時37分更新

 AT&T、KDDI、KPN、NTTドコモ、Orange、Telefonica、Telstra、TELUS、Verizon Wirelessの9社は、バルセロナMobile World Congressにおいて、IoT向け通信方式である「Cat-M1」を早期に世界中に展開していくことで合意した。    「Cat-M1」は、省電力かつ広域なエリアカバレッジを実現するIoT向け通信技術である …

続きを読む»

KDDI「5G」実用化へ前進、28GHz帯ハンドオーバー実験に成功

2017年2月23日 14時53分更新

 KDDIは、次世代移動通信システム「5G」の検証において、5G周波数帯域の候補の一つである28GHz帯を利用した複数の基地局間を跨ぐハンドオーバーの実験に、国内で初めて成功したと発表した。5Gでは、高速・大容量の通信を可能とするため、28GHz帯を含む高周波数帯の活用が検討されており、世界各国の通信事業者などでも研究が進められている。

続きを読む»

NEC、ドコモと5G実現に向けたMassive MIMO技術の検証実験実施

2017年2月21日 12時10分更新

 NECは、NTTドコモと共同で、次世代無線通信網「5G」の実現に向けて、5Gの要素技術であるMassive MIMOの検証実験を神奈川県横須賀市および東京都渋谷区で実施した。    今回の実験は、電波の反射や回り込みなどが起こるビルや電柱・車や人が混在する屋外や、柱や壁など障害物が多い屋内環境で実施。基地局にNECが開発した「低SHF帯超多素子AAS(Active Antenna System) …

続きを読む»

ソラコム、「LoRaWAN」のゲートウェイを共有する新サービスモデルを提供開始

2017年2月8日 18時12分更新

 ソラコムは2月7日、IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」が提供する「SORACOM Air for LoRaWAN」において、ソラコムが所有するLoRaゲートウェイをユーザーにサービスとして提供する「共有サービスモデル」を開始したことを発表した。LoRa ゲートウェイの発注は2月7日から可能となり、3月より順次発送する予定。    同日、ソラコムはIoT 通信プラットフォーム「SORA …

続きを読む»

SORACOMが省電力広域通信技術「LoRaWAN」 に正式対応、対応機器を販売開始

2017年2月8日 18時00分更新

 IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」を提供するソラコムは、LPWAの通信方式である「LoRaWAN」対応を追加し、「SORACOM Air for LoRaWAN」の販売を開始したことを発表した。LoRaWAN基地局に相当するSORACOM 対応の LoRa ゲートウェイとLoRa デバイスを、SORACOM ユーザーコンソールで販売する。ゲートウェイとデバイスの発注は2月7日から可能 …

続きを読む»

ソフトバンク、ダクト干渉波の低減装置を開発、実証実験も成功

2017年2月3日 15時04分更新

 ソフトバンクは、例年3月初旬頃から11月頃の夕方から深夜、早朝にかけて、中国や韓国などの大陸から九州・日本海沿岸に到来するダクト干渉波を効率良く低減する「ダクト干渉キャンセラー装置」の開発に成功し、一般財団法人移動無線センター(MRC)と共同で930MHz帯の業務用移動通信サービス(MCA)の中継局で実証実験を実施し、低減効果が得られることを確認したと発表した。    ダクト干渉は、気象条件によ …

続きを読む»