基地局ニュース

ノキアがNTTドコモに、2020年のサービス開始を目指し5G商用ネットワーク構築に向け基地局制御部を提供

2018年1月29日 13時00分更新

 ノキアソリューションズ&ネットワークス株式会社は、国内最大の通信事業者である株式会社NTTドコモと5Gモバイルネットワーク展開に向け、商用化をめざした5G基地局制御部の提供に合意した。

続きを読む»

ドコモ、無償で5Gの技術検証環境を提供、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」開始

2018年1月10日 16時25分更新

 NTTドコモは、2020年の商用サービスの開始を目指している第5世代移動通信方式「5G」において、5Gの技術検証環境を無償で提供する「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を2月21日より開始する。

続きを読む»

ドコモ、マルチプロファイルSIMを開発、1枚のSIMでドコモと海外通信事業者の通信サービスが利用可能に

2017年11月29日 12時56分更新

 NTTドコモは、ジェムアルトの技術協力のもと、通信サービスの利用に必要な電話番号や契約内容などの加入者情報(プロファイル)を1枚のSIMに複数社分格納し、渡航国や地域に応じてプロファイルの切り替えが可能な「マルチプロファイルSIM」を開発した。スマートフォンやタブレットでの音声通話やデータ通信など人の利用を想定したものは世界で初としている。

続きを読む»

KDDIとJR東日本、共同で「5G」を活用した実証実験を実施 

2017年10月2日 14時16分更新

 KDDIと東日本旅客鉄道 (JR東日本) は、第5世代移動通信システム「5G」を活用した実証実験を共同で実施すると発表した。5Gの特長である「高速・大容量」「低遅延」「多接続」を活かし、鉄道サービスの高度化や新たなサービスの創出を推進する。   ■走行中における高速・大容量通信を目的とした実証実験  在来線試験電車「MUE-Train」を用いて、走行中における5Gを活用した実証実験を実施する。高 …

続きを読む»

ソフトバンク、Massive MIMOで28レイヤー化の実証実験に成功

2017年10月2日 12時20分更新

 ソフトバンクとWireless City Planningは、現在の商用ネットワーク環境において、大容量を実現する「Massive MIMO」の技術を用いた単一帯域幅での24レイヤー化、28レイヤー化の実証実験に成功した。

続きを読む»

公衆無線LANサービス、2017年度の利用者は5,046万人、2020年度には27%増の6,418万人に―ICT総研

2017年9月22日 14時59分更新

表1.公衆無線LANサービス利用者数予測

 ICT総研は、公衆無線LANサービス(公衆Wi-Fiサービス)市場に関する調査結果をまとめて発表した。同調査は、公衆無線LANサービス事業者、関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザー42,983人へのWebアンケート調査の結果などをまとめて分析したものとなっている。

続きを読む»

ソフトバンク「混雑時の低速撲滅」へ、「MIMO」技術を進化させた4つの新技術を導入

2017年9月14日 16時28分更新

 ソフトバンクとWireless City Planningは、大容量を実現する「MIMO(Multi-Input Multi-Output)」の技術をさらに進化させた新たな技術「Massive MIMO 2.0」「Distributed MIMO」「MultiUser MIMO」「UL MultiUser MIMO」を9月22日より導入すると発表した。同社は2016年9月より商用サービスとして「Massive MIMO」を開始しているが、「Massive MIMO」で培った空間多重技術を応用した新技術により、混雑エリアや時間帯においてもさらに低速化を防ぎ、快適な通信サービスの提供を目指す。

続きを読む»

「OCN モバイル ONE」利用混雑時における通信速度を改善、9月27日から順次開始

2017年9月7日 15時09分更新

 NTTコミュニケーションズ (NTT Com)は、NTTドコモの回線を利用したモバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」において、NTT Comが持つトラフィックコントロール装置の機能を活用し、インターネット利用時の通信速度を改善する取り組みを実施する。  これは、動画など大容量の通信時にデータ送受信のペースを最適化することにより、ネットワークの混雑を緩和するもの。9月27日より順次、NT …

続きを読む»

KDDI、新たな海底ケーブル敷設船を建造

2017年9月4日 11時45分更新

 KDDIとKDDIグループ会社である国際ケーブル・シップ(KCS) は、2019年度の運航開始を目途に、新たに海底ケーブル敷設船を建造することを決定した。    KCSは、1967年よりケーブルハンドリング機器を装備した海底ケーブル敷設船を、太平洋・アジア域に広がる光海底ケーブルネットワークの建設・保守に活用しており、現在はKDDIオーシャンリンク、KDDIパシフィックリンクの2隻を運用している …

続きを読む»

au、下り最大708Mbpsに高速化、最新スマートフォンやルーターに順次対応

2017年9月1日 12時23分更新

 KDDI、沖縄セルラーは、受信最大708Mbpsの高速データ通信サービスを東名阪の一部エリアにて提供開始した。対象機種は、発売中の最新Android スマートフォン「Galaxy S8」「Galaxy S8+」「AQUOS R」やWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」。また、今後発売を予定している最新のauラインアップで利用できるようになる。

続きを読む»