基地局ニュース

楽天が「第4の携帯キャリア」に、総務省が認定、来年10月開始

2018年4月10日 15時01分更新

 楽天は4月9日、総務大臣より1.7GHz帯周波数の割り当てについて認定を受けたことを発表した。「第4の携帯キャリア」として、2019年10月のサービス開始を目指す。携帯電話事業への新規参入は、2005年のイー・モバイル(現ソフトバンク)以来、実に13年ぶり。

続きを読む»

ソフトバンク、品川エリアで5G実証実験、「5G×IoT Studio」の5Gフィールドエリアを拡大

2018年4月4日 17時40分更新

 ソフトバンクは、5G向け候補周波数帯の一つである4.5GHz帯の実験試験局免許を取得した。ノキアソリューションズ&ネットワークスと協力し、品川エリアにおいて、5Gの実証実験を実施する。今回の実証実験開始により、ソフトバンクの「5G×IoT Studio」の5G実証実験のフィールドエリアを拡大する。

続きを読む»

楽天、基地局設置に関西電力グループの設備活用

2018年3月28日 15時08分更新

 楽天は、同社が進める携帯キャリア事業用基地局の設置にあたり、関西電力とそのグループ企業が保有する設備を活用すると発表した。今後、周波数割当を受けた場合に、関西電力グループが保有する送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔などを、携帯電話基地局の設置場所として活用する予定だという。     同社は、携帯電話事業への新規参入にあたり、全国でのサービス展開に向けて、携帯電話基地局の設置工事における設備投資の最大限効 …

続きを読む»

ソフトバンクと大成建設、5Gによる建設機械の遠隔操作などを実験

2018年3月16日 16時03分更新

 ソフトバンクは、建設現場での省人化と遠隔操作による作業効率化を目的として、大成建設と共同で5Gを活用した建設機械の遠隔操作などの共同実験を実施した。    ソフトバンクと大成建設は、遠隔での建設機械の制御や安全監視などをリアルタイムで実施するために5Gを活用した実験環境を設け、建設機械の制御信号と車載カメラ映像のデータ伝送試験を1月に実施。  東京・港区のソフトバンク本社にコントロール拠点、「5 …

続きを読む»

楽天、携帯基地局設置で東電グループと合意、鉄塔や電柱など活用

2018年3月7日 11時44分更新

 楽天と東京電力ホールディングスおよび東京電力パワーグリッドは6日、楽天が進める携帯キャリア事業用基地局の設置にあたり、東京電力グループが従前より実施している設備貸出事業を活用することについて合意した。

続きを読む»

通信業界各社が「ORAN Alliance」設立、ドコモやAT&Tなど

2018年2月28日 14時53分更新

 AT&T、China Mobile、Deutsche Telekom、NTTドコモ、Orangeは、「ORAN Alliance」の設立に合意したと発表した。今後、モバイル通信のトラフィック増加に伴い、モバイルネットワークやネットワーク装置の効率的な運用が必要になる。

続きを読む»

“第4の携帯キャリア”に自信、楽天・三木谷社長「設備投資は6000億円で十分」

2018年2月14日 12時36分更新

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は13日の決算会見に登壇し、「第4の携帯キャリア」として参入を表明している携帯電話事業について「楽天モバイルを楽天カードに並ぶ事業に育てていく」と語った。楽天モバイルの2018年1月時点での契約者数は約150万人で、2年前と比べて7倍の規模に拡大。また、2017年12月末時点で182店舗を展開し、全国に店舗網を拡大している。三木谷氏は「楽天グループのエコシステムをさらに強化する意味でもMNOへの進出は極めて重要」として、MNO事業に期待感を示した。

続きを読む»

ノキアがNTTドコモに、2020年のサービス開始を目指し5G商用ネットワーク構築に向け基地局制御部を提供

2018年1月29日 13時00分更新

 ノキアソリューションズ&ネットワークス株式会社は、国内最大の通信事業者である株式会社NTTドコモと5Gモバイルネットワーク展開に向け、商用化をめざした5G基地局制御部の提供に合意した。

続きを読む»

ドコモ、無償で5Gの技術検証環境を提供、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」開始

2018年1月10日 16時25分更新

 NTTドコモは、2020年の商用サービスの開始を目指している第5世代移動通信方式「5G」において、5Gの技術検証環境を無償で提供する「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を2月21日より開始する。

続きを読む»

ドコモ、マルチプロファイルSIMを開発、1枚のSIMでドコモと海外通信事業者の通信サービスが利用可能に

2017年11月29日 12時56分更新

 NTTドコモは、ジェムアルトの技術協力のもと、通信サービスの利用に必要な電話番号や契約内容などの加入者情報(プロファイル)を1枚のSIMに複数社分格納し、渡航国や地域に応じてプロファイルの切り替えが可能な「マルチプロファイルSIM」を開発した。スマートフォンやタブレットでの音声通話やデータ通信など人の利用を想定したものは世界で初としている。

続きを読む»