携帯電話とPHS間の番号ポータビリティ開始へ

2014年10月2日 10時42分更新


・携帯電話間で提供されている番号ポータビリティに、PHSが加わる

・携帯電話とPHS間のショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続も開始

 
 
 総務省、および通信事業は各社は平成26年10月1日から、携帯電話とPHS間の番号ポータビリティを開始すると発表した。
 これにより携帯電話とPHSとの間で電話番号を維持したまま、事業者の乗り換えが可能となる。また同時に携帯電話とPHSとの間でSMS(ショートメッセージサービス)も可能になる。なお、PHSに電話をかけると、特別な呼び出し音が鳴りPHSだと認識可能。

 対象となる企業は株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、ワイモバイル株式会社の4社。

 番号ポータビリティは携帯業界に大きな変化をもたらした。加えて、MVNOは利用者の選択肢を大きく増やした。今回の携帯とPHSの番号ポータビリティはどうだろうか。今後の流れに注目したい。

関連カテゴリー