パスワードを使いまわしているユーザが9割以上に

2014年6月13日 16時45分更新


・パスワードを使いまわしているユーザが9割以上
・約7割が自分のパスワード管理にセキュリティ上リスクがあると認識
・4割以上がパスワードを手帳やノートにメモして管理

 
 
 トレンドマイクロ株式会社はパスワードの利用や管理の実態を調べるWebアンケート調査を実施し、その結果を発表した。まずWebサービスを利用するためのパスワードに関して、複数のWebサービスでパスワードを重複して使いまわしているユーザーは93.1%にのぼった。

DN20140612003_001

 なおパスワードを使いまわす利用者にID/パスワードを使いまわす理由を聞いたところ「異なるパスワードを設定すると忘れてしまう」(74.7%)、「異なるパスワードを考えるのが面倒」(46.5%)という回答であった。
 一方「現在の自分のパスワード管理方法ではセキュリティ上リスクがある」(70.1%)と、多くの回答者が現在のパスワード管理方法に課題を認識していることも分かった。またパスワードの管理方法では「手帳やノートにメモする」が最も多く(44.2%)、次いで「書いたり、保存せずに覚えておく」(36.5%)が多いという結果になった。Webサービスのパスワードというデジタル情報の管理に、手書きのメモや、記憶に頼るという、アナログな方法をとるユーザーが多いようだ。
 
DN20140612003_002

 最近増えている被害では、LINEのアカウント乗っ取りだ(不正ログイン)。いわゆる「アカウントリスト攻撃」だが、これも複数のWebサービスに同じID/パスワードを使いまわすことが主な要因と言われている。不正ログインは、本人のみならず、アカウントに登録されている利用者にも被害が及びやすい。複数のWebサービスで異なるパスワードを利用することで事前に防げる被害は防ぎたい。

関連カテゴリー