ドコモ、人工知能を活用した「近未来人数予測」の実証実験を開始

2017年9月20日 16時50分更新


 NTTドコモは、同社の携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作成される人口統計とNTTグループのAI「corevo」を構成する「時空間変数オンライン予測技術」を組み合わせることにより、日本全国の現在および数時間先のあるエリアにおける人数を予測する「近未来人数予測」の実用化に向けた実証実験を開始した。
 
 ドコモはこれまで予測する技術として、2016年に人工知能を活用したタクシーの乗車需要を予測する「AIタクシー」の開発に取り組んでいる。「AIタクシー」は、現在から30分の間に発生するタクシーの乗車台数を予測するものに対し、「近未来人数予測」は数時間先のあるエリアにおける人の数を予測するものである。
 
 今回の実験では、「時空間変数オンライン予測技術」を用いて、人口統計の時系列データから時間と空間の影響パターンを学習すること、即ちあるエリアにおける過去の人の増減が周辺エリアの人数の変動にどのような影響を及ぼしているかを学習し、数時間先の人数を10分単位で予測する。また、予測した現在と近未来の人数を、スマートフォン、タブレット端末、デジタルサイネージ等により可視化するサービスの検証を実施する。
 
20_00-1
 
 「近未来人数予測」の実用化により、観光地や商業施設の混雑、交通手段の供給不足という課題に対し、混雑に巻き込まれない観光地や商業施設を案内することや、バスやタクシーなどの移動手段を効率的に供給することが可能になると考えられる。
 また、災害や事故発生時において、現在の人数分布に応じた効率的な救助隊の派遣により、適切な初動対応の実施が期待されるほか、スポーツの試合や花火大会のような大規模イベントで、開始前は施設の最寄り駅が混雑し、イベント開催中は施設周辺に人が集中、開催後は周辺繁華街に拡散するといった人の流動に対し、近未来の人数分布を利用した警備員の動的配置により、事故・防犯対策の強化につながると考えられる。
 
20_00-2
 
 今後は、直近の実証実験として、10月21日に藤沢市で開催される「ふじさわ江の島花火大会」において検証を行う。さらに、「近未来人数予測」を様々な分野で活用する実証実験を行い、2018年度の実用化を目指すとしている。
 
 
 

関連カテゴリー