現地サービス

ソフトバンク出資のワンウェブ、インテルサットと合併で合意

2017年3月1日 16時05分更新

 ソフトバンクグループは、同社が出資する米衛星通信ベンチャーのワンウェブと、衛星サービス会社インテルサットが合併で合意したと発表した。合併は株式交換方式で実施する。同グループは、統合後企業の議決権株・無議決権株を現金17億米ドル(約1,910億円)で買い取り、議決権39.9%を得る。1株当たりの取得額は5ドル。     ソフトバンクグループが2016年12月に10億米ドルを出資すると発表したワンウ …

続きを読む»

ドコモに賠償金1,300億円、タタが支払いで合意、インド撤退交渉で

2017年3月1日 15時12分更新

NTTドコモ吉澤社長(2017年1月決算説明会)

 NTTドコモは、合弁解消を巡りインドの財閥大手タタ・グループと交渉が難航していた問題で、タタの持ち株会社タタ・サンズが約11億8千万ドル(約1300億円)を支払うことで合意したと発表した。2月25日にドコモとタタ・サンズは、インド・デリー高等裁判所に対し、両社との間の合意内容に従った仲裁裁定の執行を求める共同申立を行った。    ドコモは、タタ傘下の印携帯電話会社タタ・テレサービシズに2009年 …

続きを読む»

IoT通信プラットフォーム「SORACOM」、欧州でのサービス提供開始

2017年2月24日 15時28分更新

 ソラコムは、IoT/M2M デバイス向けのIoT 通信プラットフォーム「SORACOM」を、2月27日より欧州5カ国で提供すると発表した。欧州でのサービス開始に伴い、欧州に拠点のある企業は、欧州内で「SORACOM Air for セルラー グローバルカバレッジ(Air SIM Global)」データ通信 SIM を1枚単位で購入できるようになる。    「Air SIM Global」は、複数 …

続きを読む»

日本通信、欧州通信事業者BICSと「フルMVNO」で合意  

2017年1月17日 10時46分更新

 日本通信は、ヨーロッパ子会社を通じ、ベルギーに拠点を置くグローバル卸通信事業者BICS S.A.との間で、同社が独自のHLR / HSS及びGGSN / PGWを保有する「フルMVNO」として、1つの契約で世界中で利用できる独自SIMを提供することが可能となる相互接続にむけた基本合意書を締結した。

続きを読む»

au「世界データ定額」、期間限定で中国・グアム・サイパンなどが利用可能に

2016年12月15日 11時12分更新

 KDDIと沖縄セルラーは、12月22日から2017年2月28日の期間限定で「世界データ定額」の対象地域に、グアム・サイパン・フィリピン・インドネシア・中国・マカオを追加する。    「世界データ定額」は、1日980円の利用料金で、ユーザーが日本で加入しているデータ定額プランの容量を海外でも利用できるサービス。利用したいタイミングでデータ通信を開始することができ、24時間で自動切断される。現在32 …

続きを読む»

ソフトバンクが米国に5.7兆円の巨額投資、雇用創出へ、孫氏がトランプ氏と会談  

2016年12月7日 12時10分更新

 ソフトバンクグループの孫正義社長は6日午後(日本時間7日未明)、トランプ次期米大統領とニューヨークのトランプ・タワーで会談し、500億ドル(約5兆7000億円)を米国のスタートアップ企業などに投資し、5万人の雇用を創出することで合意したことを明らかにした。    会談後、トランプ氏と孫氏はそろってトランプ・タワーのロビーに姿を見せた。トランプ氏は孫氏について「彼は偉大な男だ」と称賛。孫氏は記者団 …

続きを読む»

ドコモ 「海外1dayパケ」 中国の定額料を980円に値下げ  

2016年11月29日 11時47分更新

 NTTドコモは、海外でパケット通信を24時間単位で利用できる「海外1dayパケ」の料金プランを改定し、2016年12月1日より、中国における定額料を1,280円(免税)から980円(免税)に値下げする。    同サービスは、国・地域別に設定された3種類の定額料で、現地で利用開始操作をしてから24時間、国内と同じようにパケット通信を利用できるというもの。これまでアメリカや韓国、タイ、台湾等では98 …

続きを読む»

NTTコミュニケーションズ、アジア最大級の設計容量を持つ光海底ケーブル「Asia Pacific Gateway」を運用開始

2016年11月2日 14時08分更新

 NTTコミュニケーションズは、各国主要通信キャリアと共同で建設を進めてきた、アジア域内を結ぶ新たな大容量光海底ケーブル「Asia Pacific Gateway」(略称:APG)の運用を開始した。  これによりアジア域内の保有ケーブル容量を大きく増加させるのと同時に、アジア各国への接続性を強化する。また、既に運用中の光海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express」(略称 …

続きを読む»

サムスン「Galaxy Note 7」全世界で販売・交換を中止 、発火で問題、使用自粛を要請

2016年10月11日 14時34分更新

 韓国サムスン電子は11日、電池の欠陥が判明し、リコール(回収・無償修理)が発生している新型スマートフォン「Galaxy Note 7(ギャラクシーノート7)」の世界各国・地域での販売を再び中断すると発表した。既に同機種を使っている人に対して、即座に使用をやめるよう呼び掛けている。9月初めに充電中のリチウムイオンバッチリーから発火したとの苦情が相次いだことを受け、世界10ヵ国・地域で約250万台のリコールを発表してから1カ月余り。問題を改善したとする代替機への交換や新規販売を再開していたが、交換後の製品でも発火・発煙の報告が相次いでいた。

続きを読む»

ドコモがチャイナモバイルの通販サイトに出店、中国市場向けにショッピングサービス展開

2016年9月28日 10時53分更新

 NTTドコモは、中国の通信事業者China Mobile Communications Corporation(以下チャイナモバイル)が運営するインターネット通販サイト「和生活」内に日本の商品を取り扱う専用ページを開設し、中国ユーザーを対象にしたショッピングサービスを提供開始する。  ドコモとして、海外でリアル商品のショッピングサービスをおこなうのは今回の取り組みが初となる。    本ショッピン …

続きを読む»