サムスン「Galaxy Note 7」日本でも航空機への持ち込み禁止、国土交通省が発表

2016年10月17日 17時26分更新


 韓国サムスン電子の新型スマートフォン「Galaxy Note 7(ギャラクシーノート7)」について、発火等の事案が発生している問題で、国土交通省は国内の航空会社に対して同製品の機内への持ち込みを全面的に禁止するよう指示した。
 
 アメリカ連邦航空局が14日、同製品について電源を切った状態でも機内への持ち込みを全面的に禁止する旨の指示を発出したことを受けて、日本国内でも同様の措置を講じることを決めた。
 同製品については、国土交通省はこれまで機内で電源を切ること、充電しないこと、預け荷物としないことを要請していたが、今回の措置により全面的に航空機への持ち込みが禁止となる。
 
 「Galaxy Note 7」は、発売後に充電中のリチウムイオンバッチリーから発火したとの苦情が相次いだことを受けてリコールを発表し、代替機への交換や新規販売を再開していたが、交換後の製品でも発火・発煙の報告が相次いでいた。
 
 
 

関連カテゴリー