ソフトバンク、先生も学割対象に 、新キャンペーン「学割先生」発表

2018年1月15日 11時01分更新

 ソフトバンクは、学割キャンペーンとして、学生など25歳以下のユーザーと“先生”を対象にした「学割先生」を1月17日から実施すると発表した。
 
 「学割先生」は、データ使用量が多い学生に加えて、教育に携わるユーザーもデータ通信をストレスフリーに利用できるよう、キャンペーン対象に先生を追加して実施するキャンペーン。公立学校共済組合組合員証、または私立学校教職員共済加入者証を所有しているユーザーが対象で、データ容量が50GBの「ウルトラギガモンスター」を1年間月額3,980円から利用できるようになる。
 
 また、データ使用量が少なく、新しいiPhoneを利用したいユーザー向けに、「スマホデビュー割」の特別価格対象機種に「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を追加する。これにより、初めてスマートフォンを利用するユーザーは「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を次の機種変更まで月額1,980円から利用できる。
 
 都内で行われた発表会に登壇した同社副社長の榛葉淳氏は、学割対象に先生を追加した点について聞かれ、「お客様の意見を聴いていたら、先生方から、生徒と一緒の環境でスマートフォンを使いたいという意見があった。先生が、スマートフォンを使っている学生の気持ちを理解するためのサポートになれば」と語り、キャンペーン実施に至った経緯を明かした。
 
1 4 5 6 7 8 10 11 12 13
 
 
 

関連カテゴリー