新サービス

LINE、資産運用に参入、分散投資サービス「FOLIO」と資本業務提携

2018年1月18日 11時46分更新

 LINEは18日、コミュニケーションアプリ「LINE」上での次世代型投資サービス「FOLIO」の展開に向け、FOLIOと資本業務提携を締結したと発表した。    FOLIOは、テーマを選んで10万円前後から分散投資を始められるサービスで、2017年11月にβ版サービスを一般公開している。投資家は「ドローン」や「ガールズトレンド」といったテーマをえらぶだけで、複数の企業にかんたんに投資ができる。そ …

続きを読む»

ドコモ、新たなスマホ決済サービス「d払い」を4月より提供開始

2018年1月17日 16時20分更新

 株式会社NTTドコモは、スマートフォンに表示させたバーコードを使って、買い物代金を毎月の携帯電話料金と合算して支払えて、さらに「dポイント」がたまる・使える新たなスマホ決済サービス「d払い」を、2018年4月より提供すると発表した。

続きを読む»

ソフトバンク、先生も学割対象に 、新キャンペーン「学割先生」発表

2018年1月15日 10時56分更新

 ソフトバンクは、学割キャンペーンとして、学生など25歳以下のユーザーと“先生”を対象にした「学割先生」を1月17日から実施すると発表した。「学割先生」は、データ使用量が多い学生に加えて、教育に携わるユーザーもデータ通信をストレスフリーに利用できるよう、キャンペーン対象に先生を追加して実施するキャンペーン。

続きを読む»

楽天とビックカメラ、新サービス「楽天ビック」提供に向けて新会社を設立、2018年4月よりサービス提供を開始

2017年12月19日 12時08分更新

 楽天株式会社と、株式会社ビックカメラは、家電分野を中心とした、より利便性の高いショッピング体験を提供することを目的に新会社を設立し、2018年4月よりサービスの提供を開始すると発表した。

続きを読む»

So-net「nuroモバイル」において、新たにソフトバンク回線を利用したプランの提供開始

2017年12月14日 16時55分更新

 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、LTE通信サービス「nuroモバイル」において、NTTドコモ回線を利用したプランに加えて、新たにソフトバンク回線を利用したプランの提供を12月19日より開始すると発表した。

続きを読む»

ウェブ接客「KARTE」(カルテ)を使用し、サイト間での顧客体験を可視化する新サービス

2017年12月6日 11時00分更新

 プレイドは12月4日、ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」(カルテ)を使用した「KARTE CX CONNECT」を提供開始した。

続きを読む»

ケイ・オプティコム、800種類以上の人気雑誌が読み放題「タブホ」の提供開始について

2017年10月31日 15時46分更新

 株式会社ケイ・オプティコムと株式会社オプティムは、オプティムが提供する800種類以上の電子雑誌が読み放題となるコンテンツサービス「タブホ」を、eo、mineoのユーザー向けに「雑誌読み放題 タブホ」として11月1日より提供を開始すると発表した。

続きを読む»

ソフトバンク「半額サポート for Android」11月に提供開始、Android搭載スマートフォンが最大半額に

2017年10月18日 12時15分更新

 ソフトバンクは、Android搭載スマートフォンの機種代金が最大半額になる「半額サポート for Android」を、2017-18年冬春商戦向け新商品である「Xperia XZ1」の発売に合わせて、11月上旬以降に提供開始すると発表した。

続きを読む»

nuroモバイルが「スキップ払い」導入、あわせて020番号データ専用SIMの提供も開始

2017年10月2日 14時21分更新

 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、LTE通信サービス「nuroモバイル」における端末代金の分割クレジットとして、従来の24回払いに加えて3~20回に対応するとともに、初回支払月を最大6か月後に設定することができる「スキップ払い」を10月3日より導入すると発表した。国内のMVNO事業者として「スキップ払い」を提供するのは初めてとなる。

続きを読む»

KDDIと足立区が「特定保健指導プログラム」の実証事業を共同で実施することに合意

2017年9月28日 16時08分更新

 足立区とKDDIは、「特定保健指導プログラム」の実証事業を共同で実施することに合意した。
足立区では、足立区国民健康保険に加入している方を対象に、メタボリックシンドロームの該当者や予備群の発見と生活習慣病の予防を目的とした「特定健診」を行っている。また、「特定健診」の結果、メタボリックシンドロームのリスクが大きい対象者に対し、医師や保健師、管理栄養士などの専門スタッフが、支援計画に基づき運動や食事などの支援を行う「特定保健指導」を実施している。

続きを読む»