H.I.S.と日本通信 格安スマホの新会社設立、世界70カ国1日500円で通信可能に

2018年2月16日 08時13分更新


 エイチ・アイ・エス(H.I.S.)と日本通信は、格安スマホをはじめとする多角的サービス展開に向けた協業体制の構築を目的とした合弁会社「H.I.S.Mobile株式会社」を設立した。H.I.S.が60%、日本通信が40%を出資する。
 まずは、国内向けの格安SIMの提供を開始し、5月からは海外旅行者向けの海外データ通信サービスを開始する。国内SIMカードの販売は、2月15日にH.I.S.モバイルのWebサイトで開始する。
 
180216his2
 
 国内向けサービスは、ドコモの回線とソフトバンクの回線を用意。ドコモ回線は月額945円(500MB)から、ソフトバンク回線は月額1,200円(500MB)から利用できる。1回あたり5分の通話がかけ放題となるオプション(月額700円)も提供されるほか、先着1万人に3カ月間、月額555円が割引されるキャンペーンを3月まで実施する。
 また、5月から世界70カ国・1日500円で通信が可能になる海外向けサービスの提供を開始する。1日に利用できるデータ容量は200MB程度で、アプリからデータ容量の追加もできる。
 
 今後、新会社である「H.I.S.モバイル」では、H.I.S.の強みである国内296店舗、海外70ヵ国160都市275拠点の販売網と、日本通信のモバイル事業の技術基盤を組み合わせ、ユーザーのニーズ・ライフスタイルにあわせた通信サービスを提供するとして、3年で50万件の契約獲得を目指すとしている。
 
180216his3
 
 
 

関連カテゴリー