基地局ニュース

KDDIとソフトバンク、5G基地局資産の相互利用で合意 地方ネットワークの早期整備で協争

2019年7月4日 12時05分更新

 KDDIとソフトバンクは、両社が保有する基地局資産を相互利用し、地方における5Gネットワークの早期整備を共同で推進することに合意した。まず、両社は準備室を設置し、今秋から北海道旭川市内、千葉県成田市内および広島県福山市内で共同実証に取り組む。

続きを読む»

オプテージなど、AIによる「考えるネットワーク」の実現へ 移動体通信のセキュリティ高度化に向けて実証実験

2019年6月19日 10時40分更新

 東京大学大学院情報学環中尾研究室、オプテージ、シャープは、次世代移動体サービスに関する通信ネットワークのセキュリティ高度化等に向けた実証実験を2019年8月より開始する。同実証実験は、東京大学大学院情報学環にて開発した、SDNとNFVに対応したプログラマブル・ネットワーク・ノード「FLARE」をオプテージが提供する携帯電話サービス「mineo」のネットワーク上に構築し、「FLARE」への接続モジュールを実装したシャープのスマートフォンを用いて行う。

続きを読む»

ソフトバンク、高速道路で5Gの車両間通信を用いた車間距離自動制御の実証実験に成功

2019年6月12日 14時06分更新

 ソフトバンクは、5Gの新たな無線方式「5G-NR」の無線伝送技術に基づく車両間通信の屋外フィールド試験として、新東名高速道路でトラック隊列走行(先頭車両が有人運転で、後続車両が自動運転で先頭車両を追従)の実証実験を行い、5G-NRの高信頼・低遅延という特長を活用して、高速道路を隊列走行するトラック車両間で制御情報を共有し、車間距離自動制御を行うことに成功した。

続きを読む»

KDDI、サッカー日本代表戦で5G時代を見据えた「新しい応援」第2弾 VR体験イベントを実施

2019年6月11日 15時04分更新

 公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、サッカー日本代表オフィシャルパートナーであるキリンホールディングス、サッカー日本代表サポーティングカンパニーであるKDDIの3社は、JFAが主催する2019年6月9日「キリンチャレンジカップ2019」試合会場(ひとめぼれスタジアム宮城)において、XRテクノロジーを用いたサッカー日本代表の新しい観戦体験を提供した。

続きを読む»

NTTドコモ社長、米政府の「ファーウェイ排除」措置にコメント

2019年5月17日 12時26分更新

 NTTドコモの吉澤和弘社長は16日、都内で開かれた新商品発表会で、米政府が中国の通信機器大手ファーウェイへの部品輸出を事実上禁止する措置を発表したことについて問われ、「どういう影響があるかまだ分からないので、それが分かった時点でしっかりと適切に対応していきたい」とコメントした。    また、5Gネットワークの構築については、同社製品を使っていないことから「ファーウェイの装置を使わなくても問題ない …

続きを読む»

ソフトバンクとグーグルが提携、成層圏に通信基地局を構築へ

2019年4月26日 10時05分更新

 ソフトバンクは、米グーグルを傘下に持つ米アルファベットと、上空20キロメートルの成層圏に携帯電話の基地局を設ける事業で提携すると発表した。ソフトバンク子会社のHAPSモバイルと米アルファベット子会社のLoon LLCは、高高度飛行体の活用促進に向けた長期的な戦略的関係を構築し、基地局機能を搭載した無人機を成層圏に飛ばすことで、地上基地局よりも広範囲を網羅できる通信網の構築を目指す。

続きを読む»

ソフトバンク、世界初の基地局圏外における5G車載端末間の 自律的な直接通信で1ms以下の低遅延通信に成功

2019年4月12日 11時36分更新

 ソフトバンク株式会社は、5Gの新たな無線方式「5G-NR」の無線伝送技術に基づく車両間直接通信の屋外フィールド試験を実施し、基地局圏外における5G実験用試作機間の自律的な直接通信で、無線区間の遅延時間が1ms(1,000分の1秒)以下となる低遅延通信に世界で初めて成功した。

続きを読む»

ドコモ、月額150円~のIoT機器向け料金プランと通信方式「NB-IoT」を提供開始

2019年4月10日 14時03分更新

 NTTドコモは、IoT機器を低消費電力かつ広域で運用可能なLPWA(Low Power Wide Area)利用に適したLTEモジュール向けの新たな料金プラン「LPWAプラン」を4月25日より提供開始する。また、低消費電力・低価格で運用可能な通信方式「NB-IoT」も同日より提供開始する。

続きを読む»

So-net、MVNE事業者として4月1日よりau回線を提供開始 

2019年3月25日 13時56分更新

 ソニーネットワークコミュニケーションズは、自社のネットワークとKDDIのネットワーク間でレイヤー2接続を完了し、4月1日よりau回線の提供を開始すると発表した。

続きを読む»

世界の主要キャリア「O-RANフロントホール」仕様を採用へ、5G商用ネットワークを展開

2019年2月25日 11時32分更新

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなど世界の大手通信事業者とベンダー27社は、O-RAN Allianceのフロントホール仕様を採用、または採用を検討することを発表した。O-RAN Allianceは、「Open Radio Access Network Alliance」の略称であり、5Gをはじめとする次世代の無線アクセスネットワークをよりオープンでインテリジェントにすることを目的に活動して …

続きを読む»