周辺機器

移動可能型ソーラー充電スタンド、北海道むかわ町の「役場本庁舎」などに設置。

2019年3月20日 11時27分更新

 シャープの移動可能型ソーラー充電スタンド<LN-CB1AA>が、北海道むかわ町の「役場本庁舎」や「穂別博物館」、「道の駅『むかわ 四季の館』」などに設置された。3月27日より、順次運用が開始される。

続きを読む»

Wi-Fi の接続停止は 5,100 万ドルもの事業損失と企業イメージの損失を与える―ラッカス

2019年1月30日 10時12分更新

 2019年1月29日 ARRISグループ会社のラッカスネットワークスは、日本を含むアジア太平洋地域 (以下、APAC) のビジネスにおけるWi-Fi接続の実態調査を発表した。今回の調査結果から、デジタル経済において、Wi-Fiの接続停止による事業損失は、過去1年間で合計5100万ドルにも上っていることが明らかとなった。

続きを読む»

国内ネットワーク機器市場、企業ユーザー動向調査結果を発表―IDC Japan調べ

2018年11月5日 15時36分更新

 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社は、国内企業ユーザーのネットワークに関する「2018年 企業ネットワーク機器利用動向調査」の調査結果を発表した。同調査は、国内企業795社を対象に、企業ネットワークの利用実態や変化、企業活動におけるネットワークの寄与と課題に関して調査したもの。

続きを読む»

KDDI総研、アングルフリーな表情認識AI を開発

2018年8月8日 12時00分更新

 KDDI総合研究所は、あらゆる顔の向きでも高精度に表情を分析できる表情認識AIを開発したと発表した。同社は、あらゆる方向を向いた顔に対する高精度な表情認識を実現する独自の機械学習技術AI「多角適応型モデル制御技術」を開発。従来技術と異なり、真横を向いている顔でも正確に表情を認識することができるため、表情認識技術を導入する場面を拡大することができるという。

続きを読む»

1円玉・1セントからチャージ可能!初期導入費用も決済手数料も無料。「ポケットチェンジ PAY」夏より提供へ

2018年6月18日 11時11分更新

 海外旅行の際に余った外国硬貨・紙幣を自国で便利に使える電子マネーなどに交換可能なサービスを展開する株式会社ポケットチェンジは、2018年夏より新たに、日本円の小銭を一つのチャージ手段とした、小売飲食店・施設・自治体・個人事業主などが独自のオリジナル電子マネー(ハウスマネー・地域通貨など)を発行し、店舗などでのスマホ決済に利用が可能なプラットフォーム「ポケットチェンジ PAY」の提供を開始する。

続きを読む»

日本人のデジタル顧客体験2018「スマートスピーカー」や「自動運転」など4分野の可能性を分析ーアクセンチュア

2018年5月7日 11時16分更新

 アクセンチュアは、世界19か国で実施した「2018年デジタル消費者調査」の結果をもとに、日本市場にフォーカスした分析をとりまとめた。デジタルとリアルの融合が進む社会で消費者が期待する体験やテクノロジーを「4つのキートレンド」として整理。日本における3つの新たな市場機会を提起したもの。

続きを読む»

KDDIから世界最速、超ひかり。「auひかり ホーム10ギガ」を3月1日より受付開始

2018年2月8日 15時16分更新

 KDDIは3月1日より、個人向けFTTHサービス「auひかり ホーム」に、新たに2つの高速サービスとして、世界最速となる通信速度上り/下り最大10Gbpsの「auひかり ホーム10ギガ」と、通信速度上り/下り最大5Gbpsの「auひかり ホーム5ギガ」の受付を開始すると発表した。

続きを読む»

インテル、CPUにハッカー攻撃の脆弱性、不正確な報道に反論

2018年1月5日 14時55分更新

 米半導体メーカーのインテルは3日(現地時間)、同社製プロセッサのバグが原因で、ハッカーからの攻撃により情報機器の内部情報が流出する恐れがあると報道されている問題で、同社製品における脆弱性を認めた。しかし、今回の報道は不正確な情報であると反論している。

続きを読む»

アマゾンのAIスピーカー「Echo」日本で発売開始

2017年11月9日 15時11分更新

 アマゾンジャパンは、アマゾン独自の人工知能(AI)「Alexa」を搭載したAIスピーカー「Amazon Echo」の日本での提供開始を発表した。即日の注文受付は実施しておらず、招待制による販売となる。出荷開始予定は11月13日の週。価格は11,980円(税込)だが、プライム会員なら11月17日23時59分まで7,980円(税込)で購入できる。

続きを読む»

ソースネクスト、手のひらサイズの通訳デバイス「POCKETALK」12月14日に発売、世界50言語以上に対応

2017年10月25日 13時11分更新

 ソースネクストは、「言葉の壁をなくす」というミッションステートメントのもと、通訳デバイス「POCKETALK」を12月14日に発売すると発表した。同社サイト、全国家電量販店で販売するほか、事業者向けにはレンタルサービスを提供し、2020年までに50万台の販売を目指す。    「POCKETALK」は世界50言語以上に対応した、手のひらサイズの通訳デバイス。本体をタップして話しかけるだけで通訳がい …

続きを読む»