端末市場

日本のインターネット利用率、最も利用されていたサービスはGoogle―ニールセン

2019年12月20日 10時00分更新

 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社は、「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー」のデータをもとに、2019年の日本におけるトータルデジタルとスマートフォンでのインターネットサービス利用ランキング、「Tops of 2019: Digital in Japan」を発表した。

続きを読む»

「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」、利用しているスマートフォンのメーカー 「Apple」は42.8%―MMD研究所

2019年12月12日 11時09分更新

 MMD研究所は、15歳~69歳の男女9,753人を対象に2019年11月14日~11月18日の期間で「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」を実施した。メインで利用しているスマートフォンの利用率は、「Android」57.2%、「iPhone」42.8%。利用しているスマートフォンのメーカーは、「Apple」42.8%、「ソニーモバイル」17.6%、「シャープ」12.1%という結果だった。

続きを読む»

シニア層のスマホ・PC利用に関する調査、サブスク利用で最も多いのは、動画・音楽ともに「Amazon プライム」対応サービス

2019年12月10日 11時41分更新

 MMD研究所は、50歳~79歳の男女10,068名を対象に予備調査を行い、スマートフォンメイン・PCサブ利用者650名、PCメイン・スマートフォンまたはフィーチャーフォンサブ利用者764名に対して、2019年10月4日~10月7日の期間で行った「2019年10月 シニアのスマートフォン、PC利用に関する調査」にて詳細な調査を実施した。

続きを読む»

モバイル端末の所有状況・所有意向調査、フィーチャーフォンの所有比率がついに2割を切る―ICT総研調べ

2019年4月19日 10時32分更新

 株式会社 ICT総研は4月19日、「モバイル端末の所有状況・所有意向調査」の結果をまとめた。対象はスマートデバイスを含むモバイル端末全般であり、回答者はインターネットユーザー2,000人。

続きを読む»

「2019年3月格安SIMサービスの利用動向調査」格安SIMサービスの認知度は89.0%、内容理解は49.4%―MMD研究所

2019年3月12日 10時45分更新

 MMD研究所は、15歳~69歳の男女43,689人を対象に2019年2月15日~22日の期間で「2019年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施した。

続きを読む»

スマホ世代、テレビ番組視聴中に「スマートフォンを操作する」のは78.4%―MMD研究所

2019年3月5日 10時46分更新

 MMD研究所は、株式会社テスティーが提供するスマートフォンアンケートアプリにて共同調査を行った。第6弾となる今回は、12歳から18歳のスマートフォンを所有する中学生、高校生の男女1,248人を対象に2月5日~2月10日の期間で「2019年3月 中高生のニュースに関する意識調査」を実施した。

続きを読む»

シニアのフィーチャーフォン利用は6年間で48.8ポイント下がる―MMD研究所調べ

2019年1月28日 14時49分更新

 MMD研究所は2012年から行っているシニア調査を元に、携帯電話利用者を対象にスマートフォンとフィーチャーフォンの利用割合を集計して推移をまとめた。調査結果は以下の通り。

続きを読む»

2018年秋冬に発売のスマートフォン、購入意向が高いのは「iPhoneXS/XS Max」―MMD研究所調べ

2019年1月4日 10時50分更新

 MMD研究所は、15歳~69歳の男女2,000人を対象に、2018年11月9日~11月16日の期間で「2018年秋冬発売の最新スマートフォンに対する意識調査」を実施した。    15歳~69歳のスマートフォン所有者1,676人に対して2018年秋~冬に発売のスマートフォンについて聞いたところ、もっとも購入への意識が高かったのは「iPhoneXS/XS Max」(6.0%)となった。      購 …

続きを読む»

ファーウェイ、スマホの年間出荷台数が2億台突破、過去最高を更新

2018年12月27日 14時54分更新

 ファーウェイは、2018年のファーウェイスマートフォン出荷台数が12月25日に2億台を超え、自社過去最高記録を更新したことを発表した。P20シリーズ、Mate 20シリーズ、Honor 10などHuaweiおよびHonorブランドの各モデルの売れ行きが牽引したという。

続きを読む»

2018年1月~9月格安SIM契約者の契約場所は「店舗」が66.9%、理由の約半数が「対面の契約が安心」―MMD研究所調べ

2018年10月29日 16時35分更新

 MMD研究所は、「2018年格安SIM契約者の契約に関する実態調査」を実施し、その結果を発表した。調査は、事前調査にて2018年1月~9月の期間に契約したメイン利用の通信キャリアが格安SIMであると回答した20歳~69歳の男女750人を対象に、2018年10月5日~10月15日の期間で実施された。    調査対象に契約したサービスを聞いたところ、「Y!mobile」が33.9%ともっと多く、次い …

続きを読む»