端末市場

シニアのフィーチャーフォン利用は6年間で48.8ポイント下がる―MMD研究所調べ

2019年1月28日 14時49分更新

 MMD研究所は2012年から行っているシニア調査を元に、携帯電話利用者を対象にスマートフォンとフィーチャーフォンの利用割合を集計して推移をまとめた。調査結果は以下の通り。

続きを読む»

2018年秋冬に発売のスマートフォン、購入意向が高いのは「iPhoneXS/XS Max」―MMD研究所調べ

2019年1月4日 10時50分更新

 MMD研究所は、15歳~69歳の男女2,000人を対象に、2018年11月9日~11月16日の期間で「2018年秋冬発売の最新スマートフォンに対する意識調査」を実施した。    15歳~69歳のスマートフォン所有者1,676人に対して2018年秋~冬に発売のスマートフォンについて聞いたところ、もっとも購入への意識が高かったのは「iPhoneXS/XS Max」(6.0%)となった。      購 …

続きを読む»

ファーウェイ、スマホの年間出荷台数が2億台突破、過去最高を更新

2018年12月27日 14時54分更新

 ファーウェイは、2018年のファーウェイスマートフォン出荷台数が12月25日に2億台を超え、自社過去最高記録を更新したことを発表した。P20シリーズ、Mate 20シリーズ、Honor 10などHuaweiおよびHonorブランドの各モデルの売れ行きが牽引したという。

続きを読む»

2018年1月~9月格安SIM契約者の契約場所は「店舗」が66.9%、理由の約半数が「対面の契約が安心」―MMD研究所調べ

2018年10月29日 16時35分更新

 MMD研究所は、「2018年格安SIM契約者の契約に関する実態調査」を実施し、その結果を発表した。調査は、事前調査にて2018年1月~9月の期間に契約したメイン利用の通信キャリアが格安SIMであると回答した20歳~69歳の男女750人を対象に、2018年10月5日~10月15日の期間で実施された。    調査対象に契約したサービスを聞いたところ、「Y!mobile」が33.9%ともっと多く、次い …

続きを読む»

MVNOの月額料金は大手3キャリアの半額以下、平均データ利用量は前回調査から1.5GB増加―MM総研 

2018年10月23日 10時34分更新

 MM総研は、NTTドコモ・au・ソフトバンクのMNO 3社、ワイモバイル・UQモバイルのサブブランドおよびMVNO各社それぞれの音声通話サービス利用者に対するアンケート調査の結果を分析し、携帯電話の月額利用料金やデータ通信サービスの利用実態を明らかにした。調査は2018年9月時点。    通信事業者形態別の月額利用料金について、端末料金を含む実際の支払総額を分析した結果、MNO 3社のスマートフ …

続きを読む»

メイン利用のスマホ、OS別ではAndroidの利用率がiPhoneの利用率を上回る―MMD研究所

2018年9月10日 10時56分更新

 MMD研究所は15歳~69歳の男女5,000人を対象に7月31日~8月1日の期間で「2018年8月 モバイルデバイスシェア調査」を実施した。現在メインで利用しているモバイルデバイスについて聞いたところ、スマートフォンを利用していると回答したのは75.3%、フィーチャーフォン(ガラケー)を利用しているのは18.1%となった。スマートフォンのOS別ではAndroidが40.1%でiPhoneが35.2%と、Androidの利用率がiPhoneの利用率を上回った。

続きを読む»

大手3キャリアの混雑時における動画再生時間、ソフトバンクがやや優勢―ICT総研調べ

2018年8月27日 12時02分更新

 ICT総研は、ネットワーク混雑環境における動画視聴品質の実態を把握することを目的として、混雑環境におけるスマートフォン動画視聴品質調査を実施し、その結果を発表した。同調査では、ネットワークが混雑している状況という点を重視し、東京、名古屋、大阪の主要な待ち合わせ場所15地点および音楽フェスや花火大会など一時的に人が密集するイベント5地点を選定。東名阪の待ち合わせ場所については、昼の混雑時間帯(11:30~13:30)または夕方の混雑時間帯(17:00~19:00)に限定し、調査を行っている。

続きを読む»

国内の携帯電話端末契約数、2023年に2億2000万契約と予測―シード・プランニング調べ

2018年8月9日 10時31分更新

 シード・プランニングは、国内携帯電話の将来動向に関する調査を実施し、その結果を公表した。    同社の予測では、国内の携帯電話端末契約数は、2023年には2017年比で4,800万増の2億2000万契約になるとしている。  スマートフォンは、2017年度は9,417万契約となり、前年度より380万契約増加。2018年度は1億契約を超えるとして、フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行は毎年2 …

続きを読む»

固定ブロードバンドサービス、2017年度は3,935万件で前年比64万件増加―ICT総研調べ

2018年7月27日 10時10分更新

表1.固定ブロードバンドサービスの加入者数

 株式会社ICT総研は7月27日、「2018年度 ブロードバンドサービスの市場動向」に関する調査結果をまとめた。同調査は、電気通信事業者、関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザーへのwebアンケート調査、各種公開資料などをまとめて分析したものとなっている。
 

続きを読む»

LINEが2018年上期インターネットの利用環境定点調査を実施、「スマホのみ」での利用者が男女別でも増加傾向

2018年7月23日 11時32分更新

 LINE株式会社は、インターネットの利用環境に関する調査を実施し、その結果を発表した。
同社では2年前より半期に一度スマートフォン等でのインターネット利用に関する定点調査を行なっており、今回は2018年上期の調査結果となる。

続きを読む»