サービス市場

格安SIM利用率上位9サービスのNPSは-2.4、NPSの1位はmineoで15.3—MMD研究所

2020年4月3日 10時00分更新

 MMD研究所は、「2020年3月格安SIMサービスの利用動向調査」において利用率が高かった格安SIMの上位8サービスとY!mobileの利用者15歳~69歳の男女1,350人を対象に2020年2月25日~3月3日の期間で「2020年3月格安SIMサービスの満足度調査」を実施した。

続きを読む»

メインで利用している格安SIMサービスは「楽天モバイル、UQ mobile、mineo」が上位—MMD研究所調べ

2020年3月23日 10時32分更新

 MMD研究所は、15歳~69歳の男女41,120人を対象に2020年2月13日~2月20日の期間で「2020年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施した。メイン利用のMVNOシェアは、2020年で14.0%(昨年3月は12.3%)、MVNOとY!mobileを合わせると格安SIMメイン利用シェアは20.4%という結果に。

続きを読む»

動画サブスクサービス、16.2ポイント経験増加、40代が4.9ポイントと他年代に比べ最も利用増加—MMD研究所

2020年3月16日 11時36分更新

 MMD研究所は、過去の調査を元に、スマートフォン利用者を対象に音楽・動画のサブスクリプションサービスの利用経験を集計して推移をまとめ、結果を発表した。

続きを読む»

2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査、中央値が高いのはUQ mobile—MMD研究所

2020年3月4日 13時44分更新

 MMD研究所は、「2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」を実施した。調査対象SIMサービスは、2019年8月19日~26日の期間で調査を実施した「2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査」よりメインで利用している格安SIM上位8サービスに、Y!mobileを加えて通信速度調査を実施している。

続きを読む»

IDC 国内企業を対象にした5G クライアント端末利用意向調査 結果を発表

2020年3月3日 11時36分更新

端末の価格や月額通信料金がネックに: 約半数が「5G端末をビジネスで利用したいと思っている」 IDCが利用意向調査 IDC Japanは「2019年 5G企業ユーザー調査」の結果を発表した。5Gをビジネスで「利用意向あり」と回答した割合は53.0%。利用したい機器では「スマートフォン/携帯電話」が最も多かった。 IDC Japanは2020年2月26日、企業で携帯電話やデータ通信カード、PCの選定 …

続きを読む»

サブスクリプションサービスの契約経験トップは33.6%で「動画サービス」—MMD研究所

2020年2月27日 11時07分更新

 MMD研究所は、スマートフォンを所有する15歳~69歳の男女8,381人を対象に事前調査を行い抽出した、グルメ・美容・ファッションのいずれかのサブスクリプションサービスを有料契約している134人に本調査を行い、2019年12月16日~2020年1月5日の期間で「2020年2月 サブスクリプションサービス利用動向調査」を実施した。

続きを読む»

利用している音楽アプリの上位は「Amazon Music」「Spotify」次いで「Apple Music」—MMD研究所調べ

2020年2月21日 11時06分更新

 MMD研究所は、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第22弾として「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」を実施した。スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女2,712人を対象に2019年12月26日~12月27日の期間に調査を実施した。

続きを読む»

サブスクリプション市場、2023年に1.4兆円に拡大!-ICT総研

2020年2月4日 11時52分更新

 ICT総研 は2月4日、2020年 サブスクリプションの市場動向調査の結果をまとめた。2019年はサブスクリプションサービスが盛り上がりを見せ、従来の動画や音楽の配信サービス以外にも、自動車や不動産など、様々なジャンルでサブスクリプションサービスが開始された。現状のサブスクリプション市場は、動画や音楽などのエンターテイメント系のサービスの利用が多いが、今後は飲食業界などのオフラインのサブスクリプションサービスの成長や、個人が一般消費者に課金するマイクロサブスクリプションの発展など、様々な分野で市場の活性化が見込まれる。

続きを読む»

QRコード決済サービスの利用頻度が最も高いのは「楽天ペイ」約7割が1週間に1回以上利用—MMD研究所

2020年1月30日 11時18分更新

 MMD研究所は、「2020年1月 スマートフォン決済利用動向調査」において利用率が高かったQRコード決済サービスの上位6サービスの利用者18歳~69歳の男女600人を対象に2019年12月26日~2020年1月5日の期間で「2020年1月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」を実施した。

続きを読む»

最も利用するキャッシュレスは「クレジットカード」が52.0%、次いで「カード型電子マネー」が19.2%―MMD研究所

2020年1月21日 10時00分更新

 MMD研究所は、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社と共同で、2019年12月13日~12月22日に「【第1弾】 2020年キャッシュレス・消費者還元事業における利用者実態調査」を実施した。対象者は日本在住の20歳~69歳の男女50,000人。

続きを読む»