サービス市場

定額制動画配信サービス、一番利用経験が多いのは20代―MMD研究所

2019年2月14日 10時58分更新

 MMDLabo株式会社が運営するMMD研究所は、「2018年11月 動画配信サービスの利用と通信キャリア選択における調査」を実施した。この調査では、予備調査でスマートフォンを所有している15歳~69歳の男女10,000人を対象に、定額制動画配信サービスの認知度や利用経験を含め幅広く聴取している。同リリースは、上記調査の中から、「定額制動画配信サービス」に焦点をあてた結果を一部抜粋。

続きを読む»

ドコモ、「TV」より「YouTube」、学生のスマートフォン事情を調査

2019年2月13日 10時09分更新

 株式会社NTTドコモでは、学割やファミリー割引をはじめとした多様な料金プランや、未成年者の安全を守るさまざまなアフターサービスを提供している。今回、「学生のスマートフォン事情」をテーマに、日本全国の高校生・大学生300名を対象にした調査を実施し、その結果を発表した。

続きを読む»

スマホ所有者のQRコード決済利用に関する調査、1位は「楽天ペイ」次いで「PayPay」―MMD研究所

2019年2月5日 13時16分更新

 MMD研究所は、スマートフォンを所有している20歳~69歳の男女887人を対象に2019年1月8日~1月10日の期間で「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」を実施した。

続きを読む»

Wi-Fi の接続停止は 5,100 万ドルもの事業損失と企業イメージの損失を与える―ラッカス

2019年1月30日 10時12分更新

 2019年1月29日 ARRISグループ会社のラッカスネットワークスは、日本を含むアジア太平洋地域 (以下、APAC) のビジネスにおけるWi-Fi接続の実態調査を発表した。今回の調査結果から、デジタル経済において、Wi-Fiの接続停止による事業損失は、過去1年間で合計5100万ドルにも上っていることが明らかとなった。

続きを読む»

スマートフォン利用者の半数以上が、「公共Wi-Fi」を設定や登録せず―ジャストシステム

2019年1月25日 10時00分更新

 株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』の結果を発表した。同調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしている。

続きを読む»

QRコード決済サービスキャンペーンの認知度トップはPayPay6割強―MMD研究所

2019年1月24日 11時59分更新

 MMD研究所は、20歳~69歳の男女2,001人を対象に2018年12月26日~2019年1月2日の期間で「2019年1月 QRコード決済サービスのキャンペーンに関する調査」を実施した。第二弾として、QRコード決済サービス全般に関する調査リリースも予定。

続きを読む»

福袋の主戦場はオンラインへ。売れ筋福袋は実店舗より4割ほど高めの価格帯―Criteo調べ

2019年1月21日 11時38分更新

 インターネット上の広告プラットフォームを提供するCriteoは、オンラインショッピングをした経験のある日本人401人を対象に、福袋をオンラインで購入することに関するアンケート調査を 2018 年末に行い、2019 年元旦からの実際のEC取引実績のデータと照らし合わせ、オンラインショッピングのトレンドを分析し、その調査結果を発表した。

続きを読む»

モバイル電子マネー・QRコード決済の利用者数、2021年度に2,000万人近くまで急増の見通し―ICT総研調べ

2019年1月7日 11時47分更新

 ICT総研は1月7日、モバイルキャッシュレス決済の市場動向に関する調査結果をまとめた。同調査は、決済サービス運営会社・関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザー4,062人へのwebアンケート調査、各種公開資料などをまとめて分析したものとなっている。

続きを読む»

SNSは10代~60代まで幅広く利用、シニア層にも普及が進む―モバイル社会研究所調べ

2019年1月3日 10時20分更新

 モバイル社会研究所は、全国の15~79歳の男女を対象に、SNS(調査対象:「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」)の利用状況を調査した。調査時期は2015年1月・2016年1月・2017年1月・2018年1月。調査の結果、2018年は「LINE」が33.8%でトップ、続いて「Twitter」が22.4%となった。年代別のSNS利用率を見てみると、「LINE」は10代~60代まで幅広い年代が利用しており、「Twitter」は10代~40代、「Facebook」は20代~50代、「Instagram」は10代~30代とサービスにより年代に違いがあるようだ。

続きを読む»

大手キャリアの対抗策相次ぎ、独自サービス型SIMの成長率は鈍化傾向に―MM総研調べ

2019年1月2日 10時53分更新

 MM総研は、国内MVNO市場の2018年9月末時点での実績を発表した。独自サービス型SIMの回線契約数は1202.7万回線となり、前年比28.7%増を記録した。また、携帯電話(3GおよびLTE)契約数に占める独自サービス型SIMの契約数比率は7.0%に高まった。      独立系MVNO事業者がSIMカードを活用し、独自の料金プランで提供する独自サービス型SIMの回線契約数は、2018年9月末で …

続きを読む»