Androidニュース

ブラックシャーク科技ジャパン、5G対応ゲーミングスマホ「Black Shark 3」が予約開始

2020年9月16日 10時00分更新

 ブラックシャーク科技ジャパン株式会社はBlack Shark 日本向けモデル「Black Shark 3」を発売する。9月15日 正午より予約開始、10月中旬~下旬に販売する。Black Shark 3は性能の核であるSoCに、最高峰のモバイルプラットフォームであるQualcomm Snapdragon 865を搭載。これまでにないCPU、GPU、5Gシステムが、ゲーム、ストリーミング、ブラウジングなどの素晴らしい体験を可能にした。

続きを読む»

米Microsoft、折りたたみ式2画面Androidデバイス「Surface Duo」9月10日発売

2020年8月13日 10時20分更新

 米Microsoftは8月12日(現地時間)、折りたたみ式の2画面Androidデバイス「Surface Duo」を9月10日に米国で発売すると発表した。5.6インチディスプレイを2つ搭載し、Androidアプリを実行できる価格は1399ドル(約14万9500円)から。

続きを読む»

「Zoom 5.0」アップロード AES 256-bit GCM暗号化やセキュリティアイコンなどを導入

2020年4月23日 11時00分更新

Web会議サービス「Zoom」を運営する米Zoom Video Communicationsは4月22日(現地時間)、セキュリティに関連する複数の改善を発表した。近日中にリリースする「Zoom 5.0」アップデートで有効になる。

続きを読む»

Apple、アメリカNo.1天気予報アプリ「ark Sky Weather」を買収 Android版 は7月で終了

2020年4月1日 10時44分更新

 アメリカNo.1天気予報アプリ「ark Sky Weather」のDark Sky Team(Jackadam)は、Appleに加わったと発表した。同社の目標は、可能な限り最高の気象情報を世界に提供し、1人でも多くの人々が雨に濡れず安全に過ごせるように支援すること、そしてユーザーのプライバシーを尊重した方法でそれを実現することだと説明している。

続きを読む»

米マイクロソフト、スマホ市場に再参入 2画面のAndroid端末「Surface Duo」発表

2019年10月4日 11時45分更新

 米マイクロソフトは、2画面のAndroidスマートフォン「Surface Duo」を2020年の年末に発売すると発表した。価格や販売地域は未定。一度撤退したスマートフォン市場に、新たな製品を開発して再び参入する。
 

続きを読む»

NTTドコモ社長、米政府の「ファーウェイ排除」措置にコメント

2019年5月17日 12時26分更新

 NTTドコモの吉澤和弘社長は16日、都内で開かれた新商品発表会で、米政府が中国の通信機器大手ファーウェイへの部品輸出を事実上禁止する措置を発表したことについて問われ、「どういう影響があるかまだ分からないので、それが分かった時点でしっかりと適切に対応していきたい」とコメントした。    また、5Gネットワークの構築については、同社製品を使っていないことから「ファーウェイの装置を使わなくても問題ない …

続きを読む»

クレジットカードサイズのAndroidスマートフォン「Palm Phone」、4月24日発売

2019年4月22日 11時09分更新

 プラススタイルは、クレジットカードサイズのAndroidスマートフォン「Palm Phone」を4月24日に発売する。予約受付けはすでに開始されており、価格は4万4800円(税込)。

続きを読む»

ファーウェイ・ジャパンが声明発表、一部報道に「事実無根」

2018年12月28日 11時13分更新

 ファーウェイ・ジャパンは27日、同社代表取締役社長の王剣峰氏の署名で「日本の皆様へ」と題する声明を発表した。同社製品に関するセキュリティ上の懸念が報じられる中、「華為技術(ファーウェイ)は世界市場をリードするICTソリューションプロバイダーとして、サイバーセキュリティの重要性を十分に認識し、各国政府やお客様のセキュリティに関する懸念を理解しております」と説明。

続きを読む»

米グーグルが新型スマートフォン「Pixel 3」発表、日本でも発売

2018年10月11日 10時32分更新

 米グーグルは、新型スマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」を発表した。米国、欧州など世界13カ国・地域で販売され、日本でも11月1日に発売する。また、NTTドコモとソフトバンクでも取り扱う。

続きを読む»

米グーグル、SNSサービス「Google+」を2019年8月で終了

2018年10月10日 15時11分更新

 米グーグルは、同社が運営するSNS「Google+」について、2019年8月をもってコンシューマ向けバージョンの提供を終了すると発表した。同社ではGoogle+のユーザーセッションの90%が5秒未満で離脱しており、使用率とエンゲージメントが低いため、サービス終了を決めたとしている。    また、名前やメールアドレスなどを非公開設定にしていたユーザーについて、Google+ APIのバグによって、 …

続きを読む»