国際規格

ソフトバンクのHAPSモバイル、テストフライトに無事成功し、全ての基本性能試験を完了

2020年7月30日 13時18分更新

 ソフトバンク株式会社の子会社であるHAPSモバイル株式会社は、米国ニューメキシコ州のSpaceport America(以下「SpA」)で、ソーラーパネルを搭載した成層圏通信プラットフォーム向け無人航空機「Sunglider(サングライダー)」の4度目のテストフライトに成功したと発表した。このテストフライトをもって、航空機としての基本試験は全て完了し、今後は成層圏空域でのテストフライトに向けた準備を進めるとのこと。

続きを読む»

モバイル機器での「スマホで身分証明」、日本提案の国際規格案審議

2020年6月24日 10時00分更新

 経済産業省は、スマートフォンに身分証明機能を搭載する規格について、日本から提案した案の国際標準化に向けた審議が始まったと発表した。

続きを読む»

Facebook ビデオミーティングサービス「Messenger Rooms」を発表 時間制限なしに最大50人まで

2020年4月27日 11時12分更新

 米Facebookは、「Zoom」と競合するビデオミーティングサービス「Messenger Rooms」を発表した。Zoomの無料版のような時間制限なしに最大50人でビデオミーティングを楽しめる。「一部の国で今週から」ロールアウトし、数週間かけてグローバルに拡大していくとしている。

続きを読む»

Wi-Fi Alliance、新規格「Wi-Fi 6E」を発表。6GHz帯も利用可能に

2020年1月6日 11時57分更新

 Wi-Fiの規格を管理する業界団体Wi-Fi Allianceは、6GHz帯対応機器を識別する名称として「Wi-Fi 6E」を発表した。この「Wi-Fi 6E」は、2018年10月に発表されたナンバリング方式の新名称「Wi-Fi 6」(旧802.11ax)に、利用可能な周波数として6GHz帯を追加した新規格だ。

続きを読む»

NTTドコモ社長、米政府の「ファーウェイ排除」措置にコメント

2019年5月17日 12時26分更新

 NTTドコモの吉澤和弘社長は16日、都内で開かれた新商品発表会で、米政府が中国の通信機器大手ファーウェイへの部品輸出を事実上禁止する措置を発表したことについて問われ、「どういう影響があるかまだ分からないので、それが分かった時点でしっかりと適切に対応していきたい」とコメントした。    また、5Gネットワークの構築については、同社製品を使っていないことから「ファーウェイの装置を使わなくても問題ない …

続きを読む»

ソフトバンクとグーグルが提携、成層圏に通信基地局を構築へ

2019年4月26日 10時05分更新

 ソフトバンクは、米グーグルを傘下に持つ米アルファベットと、上空20キロメートルの成層圏に携帯電話の基地局を設ける事業で提携すると発表した。ソフトバンク子会社のHAPSモバイルと米アルファベット子会社のLoon LLCは、高高度飛行体の活用促進に向けた長期的な戦略的関係を構築し、基地局機能を搭載した無人機を成層圏に飛ばすことで、地上基地局よりも広範囲を網羅できる通信網の構築を目指す。

続きを読む»

KDDIと東芝、グローバルIoT事業で協業、第1弾はエレベーター遠隔監視サービス  

2019年4月24日 10時39分更新

 KDDI、東芝、東芝デジタルソリューションズは、KDDIの「IoT世界基盤」と東芝のIoT「SPINEX」を連携し、IoT機器の通信接続からデータの収集、蓄積、見える化、分析とその活用までをワンストップで提供すると発表した。これにより、グローバルに事業を展開する製造業などの企業の遠隔からの運転・メンテナンスサービスをリカーリングモデル (循環型ビジネス) に転換するなど、企業のビジネス変革を3社で推進するとともに、グローバルIoT事業における競争力を強化していく。

続きを読む»

パナソニック提唱、次世代PLC技術が国際標準規格として認定

2019年3月26日 15時56分更新

 パナソニックは、同社が提唱するIoT向けの次世代PLC技術を2018年6月にIEEE標準化協会に提案していたが、このたび国際標準規格「IEEE 1901a」として承認されたと発表した。    IEEE 1901aは、「IoT(Internet of Things)PLC」と称する通信規格で、周波数帯域を利用状況に応じて制御することにより、通信距離の拡張および通信速度を切り替える機能を持つ、スケー …

続きを読む»

世界の主要キャリア「O-RANフロントホール」仕様を採用へ、5G商用ネットワークを展開

2019年2月25日 11時32分更新

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなど世界の大手通信事業者とベンダー27社は、O-RAN Allianceのフロントホール仕様を採用、または採用を検討することを発表した。O-RAN Allianceは、「Open Radio Access Network Alliance」の略称であり、5Gをはじめとする次世代の無線アクセスネットワークをよりオープンでインテリジェントにすることを目的に活動して …

続きを読む»

ファーウェイ・ジャパンが声明発表、一部報道に「事実無根」

2018年12月28日 11時13分更新

 ファーウェイ・ジャパンは27日、同社代表取締役社長の王剣峰氏の署名で「日本の皆様へ」と題する声明を発表した。同社製品に関するセキュリティ上の懸念が報じられる中、「華為技術(ファーウェイ)は世界市場をリードするICTソリューションプロバイダーとして、サイバーセキュリティの重要性を十分に認識し、各国政府やお客様のセキュリティに関する懸念を理解しております」と説明。

続きを読む»