コンテンツ

KDDIとベイスターズ、国内初の「バーチャルハマスタ」を8月11日に提供    

2020年8月5日 11時51分更新

KDDI株式会社と株式会社横浜DeNAベイスターズは、新型コロナウイルス感染症の影響により球場への来場人数が制限されるなか、先端テクノロジーを活用して、自宅にいながら球場の雰囲気を味わい、試合観戦を楽しみ、選手を応援することができる国内初 (注1) の「バーチャルハマスタ」の無料トライアルを2020年8月11日に実施する。

続きを読む»

LINE、グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

2020年7月6日 11時26分更新

 LINE 株式会社は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、グループ通話(ビデオ通話、音声通話)の参加上限人数を200名から500名へ拡大した。

続きを読む»

NTTドコモ、「Magic Leap 1」を6月19日から日本で初めて販売開始

2020年6月9日 10時40分更新

 株式会社NTTドコモは、「Magic Leap 1(マジックリープワン)」を2020年6月19日から日本で初めて販売を開始する。予約は6月9日10時からドコモオンラインショップにて受け付けるとのこと(アクセサリー品は予約受付対象外)。アクセサリー品については7月以降順次販売開始予定。

続きを読む»

スクエア・エニックス、AI開発で新会社設立、ゲームで培った技術をエンタメに活用

2020年6月1日 11時30分更新

 スクエア・エニックス・ホールディングス(HD)は、AI技術の研究開発を行う新会社「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」を設立したと発表した。ゲーム開発などで培ったAI技術や知識を、エンタテインメント全般に活用できるようにする。

続きを読む»

巣ごもりITサービス利用動向調査、最も増加したECサイトは「Amazon」―ICT総研

2020年4月28日 12時29分更新

 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は4月28日、外出自粛要請後の巣ごもりITサービス利用動向調査の結果をまとめた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により政府から緊急事態宣言が発せられたことなどにより、外出自粛が要請され、企業などもテレワークを今まで以上に本格的に導入。これにより、普段通学・出勤していた人々も、在宅時間が大幅に増加している。

続きを読む»

最も利用しているライブ配信サービス、男性「SHOWROOM」女性「SUGAR」―MMD研究所

2020年4月9日 10時39分更新

 MMD研究所は、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第23弾として「ライブ配信サービスに関する調査」を実施致した。スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女9,430人を対象に2020年3月16日~3月20日の期間で調査を行った。

続きを読む»

動画サブスクサービス、16.2ポイント経験増加、40代が4.9ポイントと他年代に比べ最も利用増加—MMD研究所

2020年3月16日 11時36分更新

 MMD研究所は、過去の調査を元に、スマートフォン利用者を対象に音楽・動画のサブスクリプションサービスの利用経験を集計して推移をまとめ、結果を発表した。

続きを読む»

サブスクリプションサービスの契約経験トップは33.6%で「動画サービス」—MMD研究所

2020年2月27日 11時07分更新

 MMD研究所は、スマートフォンを所有する15歳~69歳の男女8,381人を対象に事前調査を行い抽出した、グルメ・美容・ファッションのいずれかのサブスクリプションサービスを有料契約している134人に本調査を行い、2019年12月16日~2020年1月5日の期間で「2020年2月 サブスクリプションサービス利用動向調査」を実施した。

続きを読む»

サブスクリプション市場、2023年に1.4兆円に拡大!-ICT総研

2020年2月4日 11時52分更新

 ICT総研 は2月4日、2020年 サブスクリプションの市場動向調査の結果をまとめた。2019年はサブスクリプションサービスが盛り上がりを見せ、従来の動画や音楽の配信サービス以外にも、自動車や不動産など、様々なジャンルでサブスクリプションサービスが開始された。現状のサブスクリプション市場は、動画や音楽などのエンターテイメント系のサービスの利用が多いが、今後は飲食業界などのオフラインのサブスクリプションサービスの成長や、個人が一般消費者に課金するマイクロサブスクリプションの発展など、様々な分野で市場の活性化が見込まれる。

続きを読む»

NTTドコモ、空港で5Gを活用した「遠隔アバター案内」の実証実験開始

2020年2月3日 10時00分更新

 NTTドコモは、成田国際空港と、成田空港第3ターミナルにて、ディスプレイに表示されたキャラクターを通じて利用者が遠隔での有人案内を受けることができる、「遠隔アバター案内」の実証実験を2月3日より開始する。空港で5Gを活用した遠隔での有人案内を実施するのは、日本初の取組みである。

続きを読む»