料金改定

ドコモが「36回分割払い」導入、端末返却で最大12回分の支払い免除

2019年5月17日 10時51分更新

 NTTドコモは、購入したスマートフォンを返却することで、機種価格の最大12回分の分割支払金の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」を6月1日より提供開始すると発表した。同プログラムは、36回分割で対象機種を購入する場合に加入することができ、購入したスマートフォンをドコモが定める条件に基づき“お返し”することで、分割支払金の最大12回分の支払いが不要になるというもの。回線契約の継続や機種変更といった条件はない。

続きを読む»

KDDIも最大4割値下げの新料金プラン導入、データ上限ないプランも

2019年5月13日 17時17分更新

 KDDIは13日、携帯電話の通信料を最大4割値下げする新料金プランを発表した。新たに提供を開始する「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」に、「家族割プラス」を適用することで最大4割引を実現するほか、データ容量に上限のないスマホ向け料金プラン「auデータMAXプラン」も提供開始する。「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」は6月1日から、「家族割プラス」は10月1日から提供開始。また「auデータMAXプラン」は今夏の提供開始を予定している。

続きを読む»

ドコモ、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を発表、家族割で最大4割値下げ 

2019年4月15日 18時00分更新

 NTTドコモは15日、都内で記者発表会を開き、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」「データプラス」「ケータイプラン」「キッズケータイプラン」を6月1日から提供開始すると発表した。新料金プランは、家族間国内通話無料の音声プラン、spモード、データ通信をワンパッケージにした料金プランで、外出先でも動画などのデータ通信が多い人向けの「ギガホ」、メールやSNSの利用が中心でデータ通信が少ない人向けの「ギガライト」の2つから選択できる。

続きを読む»

ドコモ2018年度上期決算は増収増益、「2~4割値下げする」料金プラン見直しを発表

2018年11月1日 15時08分更新

 NTTドコモは、2018年度上期(4~9月)決算を発表した。営業収益は前年同期比4.1%増の2兆3895億円、営業利益は9.0%増の6105億円となり増収増益を達成した。また、株主に帰属する四半期利益は3.8%増の4071億円となった。セグメント別に見てみると、通信事業とスマートライフ領域のいずれも増収増益であった。

続きを読む»

総務省が新たなガイドラインを策定、SIMロック解除を「100日程度以下」に   

2017年1月12日 15時54分更新

総務省は1月10日、新たなガイドライン「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」を策定した。同指針は「SIMロック解除の円滑な実施に関するガイドライン」と「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」の2つのガイドラインを改正、統合している。 SIMロックは、スマートフォンなどの利用に必要な電話番号や利用者情報が記録されたSIMカードを、特定のキャリア(自社回線)しか使えないよ …

続きを読む»

「ユニバーサルサービス料」値下げへ、2017年1月から2円に

2016年11月29日 15時03分更新

ユニバーサルサービス支援業務キャラクター「ユニちゃん」

 NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI などの国内携帯各社は、「ユニバーサルサービス制度」の番号単価の改定に伴い、2017年1月利用分より、順次「ユニバーサルサービス料」を1電話番号あたり月額2円に改定することを発表した。現在の3円から1円値下げされる。
 ユニバーサルサービス制度は、NTT東日本・西日本によるユニバーサルサービス(加入電話・公衆電話・緊急通報)の提供の確保に必要な費用の一部を通信事業者全体で、電話番号数に応じて負担する制度。「ユニバーサルサービス料」として毎月ユーザーから徴収される。

続きを読む»

「不適正な端末購入補助」ガイドライン違反、各キャリアが総務省に再発防止策を報告

2016年11月2日 10時54分更新

 総務省は、10月7日付けで行った「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」(以下「ガイドライン」)に係る行政指導・報告徴求に関し、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクおよび沖縄セルラーから、不適正な端末購入補助の再発防止策等の報告を受けたことを発表した。

続きを読む»

ソフトバンク、4G ケータイ向けの新料金プランを提供 月額 1,200 円の音声通話プランを新設

2016年10月21日 13時58分更新

 ソフトバンク株式会社は、SoftBankの4Gケータイ向けに、スマ放題ライト「通話定額ライト基本料(ケータイ)」を新設するとともに、2段階データ定額の上限を月額 4,200 円に改定し、10月28日より提供を開始すると発表した。  新料金プランは、「通話定額ライト基本料(ケータイ)」と「データ定額サービス」のふたつである。  「通話定額ライト基本料(ケータイ)」は、5 分以内の国内音声通話が回数 …

続きを読む»

高額な端末購入補助、是正されず総務省が3キャリアに厳重注意

2016年10月11日 09時54分更新

 総務省は、NTTドコモ、KDDIおよびソフトバンクに対し、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」に沿って、端末購入補助の適正化を図るように総務大臣名で厳重注意を行い、電気通信事業法の規定に基づき、再発防止策等について報告することを求めた。また、沖縄セルラーに対しても、総合通信基盤局長名で注意を行い、再発防止策等について報告することを求めた。総務省では、今年3月25日、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」(以下「ガイドライン」)を策定し、携帯電話事業者に対し、通信料金の高止まり、端末購入補助を受けない利用者との不公平、MVNOの新規参入・成長の阻害を招くおそれのある高額な端末購入補助の適正化を求めていた。

続きを読む»

ソフトバンク「ギガモンスター」、データ容量の繰り越しとテザリングオプションで仕様変更、auに対抗か

2016年9月12日 12時05分更新

テザリングオプションの無料キャンペーンは「検討していない」としていた=8日、記者説明会

 ソフトバンクは、2016年9月13日から順次提供開始する「スマ放題」「スマ放題ライト」向けのデータ定額サービス「ギガモンスター」において、データ繰り越しの仕様変更および「テザリングオプション」(月額1,000円)が無料となるキャンペーンを実施することを発表した。当月余ったデータ容量を全て翌月に繰り越すことが可能となり、「テザリングオプション」の月額使用料(1,000円)が提供開始日から2017年 …

続きを読む»